現在目にしているお墓の形が出来上がるまで

お墓とは、遺体または遺骨を葬り故人を弔う場所を指します。古代日本の豪族や古代エジプトのファラオなどの有力者は巨大なお墓を築くことが多いです。それらは単なる死者を弔う場所ではなく、故人が残した業績を後世に伝えるためのモニュメントとしての役割もあります。お墓と言っても種類は様々で、日本国内でも沖縄では亀甲墓や破風墓と言った中国南部風のものが多く、私たちが目にするものとは異なる形をしています。外国では芝生墓地と言うものが存在します。芝生を敷き詰めた土地に、高さが低く横に長い墓石を建てたもので、アメリカやヨーロッパ映画でお馴染みの墓です。ですが日本ではなじみが薄く、国内で見かけることはほとんどありません。お墓を設けるのは人類共通の習慣ではなく、これを用いない民族や文化も多く存在します。インドやインドネシア、バリ島のヒンズー教では、遺体を火葬したのち遺体と遺骨を川や海に流し、墓を作ることはありません。


日本では遺灰を海に流したり、墓地公園のようなところで散骨することは最近では認められてきていますが、あくまでも暗黙の域を出ずに、法律的に認められてはいません。また墓を設けることと、継続的に参拝することはイコールではありません。日本では定期的に時期が来るとお墓を参拝しますが、他国では必ずしもそのようなことを行っている訳ではありません。今でこそ日本国内のあちこちでお墓を見かけることがありますが、昔は遺体を埋める埋め地とは別に人が住むところからは離れた場所に参り墓を建てて、死者の霊魂はそこで祭祀すると言う「両墓制」と言うものが一般的でした。祭祀とは神社神道の根幹をなすもので、神霊をその場に招き、神霊を餐応し、神霊を慰め、人間への加護を願うものです。今現在の墓の形となったのは、仏教の影響と関係の強い近世の江戸時代あたりからと言われ、それ以前は遺体を燃やさず埋葬のみでした。現在では集団墓地や霊園など密集して墓が建てられていますが、戦前までは自分の所有地の一角や、隣組などで墓を建てるケースが多くありましたが、戦後になって基本的に地方自治体による大規模な公園墓地以外は、寺院や教会が保有・管理しているものが多くあります。


人の死が供養するべきものと認識され始めたのは室町時代になってからで、この頃から墓も現在のように形で建てられるようになりました。全国に一般的に広まったのは江戸時代に入ってからで、幕府が檀家制度を敷いてからと言われています。墓を建てる意味としてはご本尊様をお迎えするため、戒名を墓石に刻むため、遺骨を土に返すため、写経を奉納するためなどの理由があります。このように歴史の中で様々な変化を遂げ、現在の墓が存在すると言っても過言ではありません。