お墓参りの作法について

お墓参りは、仏式では春秋のお彼岸、お盆、故人の祥月命日、年末にするのが一般的です。この時期に限らず、お墓参りはいつ行っても構いません。機会あるごとにできるだけお参りしたいものです。結婚や出産の報告など、節目の報告にお参りをする人も多いです。ただし、遠くにあると、足が遠のいてしまうこともありますので、お参りしやすいところにお墓を建てるのがポイントになってきます。菩提寺の境内にお墓がある場合には、まず住職に挨拶をします。それからご本尊にお参りをして、自分の家のお墓にお参りするのが礼儀作法になります。それではお墓参りをするときの作法、ポイントについて見ていきます。まず持参するものは、スポンジ、雑巾、たわし、はさみ、植木ばさみ、シャベル、タオル、線香、ロウソク、供物、供花、着火道具、半紙、数珠、ゴミ袋です。

手桶やひしゃく、ほうきなどは墓地の管理事務所で借りられるところが多いです。到着したら、まず掃除をします。墓石に水をかけて布かスポンジで汚れやこけを落とします。汚れがひどいときにはたわしで取り除くようにします。しかし彫刻部分や角は欠けやすいですので、慎重にこすることが大切です。汚れを落としたら水洗いして、水気が残らないよう、雑巾などの布で拭いて清めます。水鉢にはきれいな水を張ります。植栽は、伸びすぎた木は短く刈り込みます。地中で根が張りすぎると、墓石や外柵を圧迫し、ひび割れや崩れの原因になることもあります。落ち葉や雑草、ごみを取り除き、掃き清めます。玉砂利は土に沈んでしまうことがありますので、この場合は園芸用のシャベルで掘り起こします。玉砂利は、目の粗いザルに入れて水粗いするととてもきれいになります。次にお供えをします。お墓が清められたら、花と線香を供えます。お菓子や果物などの供物は半紙を敷いて供えます。水鉢がない場合は、湯飲みに水を入れて供えます。線香は普通は束のまま1度に火をつけて線香立に供えます。線香を墓参の人数に分けて、それぞれが供える場合もあります。そして拝礼をします。

これは故人と縁の深い順にお参りします。まず墓石に水をかけます。これは仏の喉を潤すためと言われています。次に数珠を持ち、墓石の正面に向かい、合掌します。しゃがむか、腰を低くする場合もあります。宗派に合った念仏やお題目を唱えたり、心の中で故人に語りかけたりするとよいです。最後に、お参りが終わったら火の後始末をします。食べ物を供えた場合は、あとで鳥などに食べ散らかされないように持ち帰るのがマナーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*